専業主婦 キャッシング

MENU

専業主婦でも旦那に秘密でキャッシングできる!パートをしているなら更に選べる!

専業主婦ならではの悩み。それは『旦那の稼ぎで生活しているので小遣いが少ない』ということではないでしょうか?若しくは『今月生活費がピンチなんだけど旦那に心配掛けたくない』というけな気な主婦も多いと聞きます。

 

キャッシングでは本来、収入を信用にして無担保・保証人なしで貸すわけですから収入のない専業主婦では申込めません。実際消費者金融では専業主婦は門前払いとなっています。銀行のキャッシングでは申込みはできるのですが収入のある配偶者が審査されることになり、旦那に内緒で申込めません。

 

しかし専業主婦専用の借入枠を設けている銀行カードロンでは、

 

専業主婦申込み可能・収入証明書不要・電話連絡なし

 

パートなどで定期的収入のある主婦はこちらのキャッシング

人気の専業主婦専用借入枠のある銀行カードローン

以下の各種専業主婦専用キャッシングは各銀行の口座開設が必要になっています。カード発行後(口座を持っていればキャッシュカードで借り入れる所が多い)には他行振込が可能なところもありますが、今すぐ借りたい時には各銀行の口座を持っている必要があります。ですので近くにATMがある便利な銀行のカードローンを選ぶ事により借入・返済もスムーズに出来ます。この事と後は借りた場合の利息を比較する事で以下の専業主婦専用キャッシングから選ぶ事が夫に内緒でキャッシングする秘訣です。

10万円借りて2万円ずつ5ヶ月で返済する場合の利息
- 1ヶ月目 2ヶ月目 3ヶ月目 4ヶ月目 5ヶ月目 利息合計
みずほMy Wing およそ1,151円 およそ921円 およそ690円 およそ460円 およそ230円 およそ3,452円
じぶん銀行カードローン およそ1,438円 およそ1,151円 およそ863円 およそ575円 およそ288円 およそ4,315円
auユーザー優遇 およそ1,430円 およそ1,144円 およそ858円 およそ572円 およそ286円 およそ4,290円

以上のような結果になります。返済期間が短いときはそれ程利息も変わらないので借入・返済に便利なところを選んだ方が後で苦労しません。逆に返済期間が長くなりそうな時は低金利なところを選んだ方がいいでしょう。

専業主婦がキャッシングしたいのならこの銀行カードローン

金利 年利 9.0%〜14.0%
限度額 10〜200万

数少ない専業主婦キャッシングの中でも手持ちの口座に最短即日融資可能なじぶん銀行カードローンは貴重な存在です。月々の返済も1,000円〜と使いやすく、専業主婦の借入枠は30万円までとなっております。
auユーザーなら0.1%の金利優遇がなされ、更に借り換えなら金利1.9%〜12.5%に優遇されます。

金利 年利 2.4%〜17.5%
限度額 最高 800万円

パートなどで安定収入がある主婦はこちらのキャッシングがおすすめ

パートなどで定期的収入のある方なら消費者金融でも申込めるのでプロミス・アコム・モビットがオススメです。特にプロミス・アコム。その理由は、

 

審査能力・スピード・金利的にも有利な消費者金融

スポット的なパートや専業主婦は申込めませんが、パートで安定収入のある主婦なら

  • 平日14:00までにオンライン契約完了で振込先を選ばず即日振込可能(審査結果による)
  • 自動契約機があるので契約完了していれば最寄の自動契約機で即日カード発行可能(審査結果による)

しかも利息も銀行カードローンよりも安くなる可能性もあります。専業主婦キャッシング解説と同じような利息計算でいくと、

10万円借りて2万円ずつ5ヶ月で返済する場合の利息
- 1ヶ月目 2ヶ月目 3ヶ月目 4ヶ月目 5ヶ月目 利息合計
プロミス 無利息サービスでなし およそ1,170円 およそ878円 およそ585円 およそ293円 およそ2,926円
アコム 無利息サービスでなし およそ1,184円 およそ888円 およそ592円 およそ296円 およそ2,959円
みずほMy Wing およそ1,151円 およそ921円 およそ690円 およそ460円 およそ230円 およそ3,452円
静岡銀行カードローンセレカ およそ1,192円 およそ953円 およそ715円 およそ477円 およそ238円 およそ3,573円
スターカードローン およそ1,200円 およそ960円 およそ720円 およそ480円 およそ240円 およそ3,600円
じぶん銀行カードローン およそ1,438円 およそ1,151円 およそ863円 およそ575円 およそ288円 およそ4,315円
auユーザー優遇 およそ1,430円 およそ1,144円 およそ858円 およそ572円 およそ286円 およそ4,290円
ちばぎんカードローン およそ1,216円 およそ973円 およそ730円 およそ487円 およそ243円 およそ3,649円
モビット およそ1,479円 およそ1,184円 およそ888円 およそ592円 およそ296円 およそ4,438円

と無利息サービスの効果によって銀行カードローンの利息より安くなる事もあるのです。ただし、無利息サービスは初回だけですので継続して利用する予定のある方は今のうちに時間が掛かる専業主婦キャッシングを申込んでおいて二回目からはそちらを使うのが賢い主婦です。

パート主婦がキャッシングしたいのなら大手消費者金融がお得
プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミス

  • 郵送物なし・電話連絡なしで旦那に内緒で申込めるWEB完結がある(※要望に添えない場合もある)
  • 初回30日無利息サービス(要メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)がある
  • 即日融資も可能(※時間により当日不可の場合あり)
  • 在籍確認の電話を書類提出で代替できるのでパート先に電話なしで申込める
  • パート・アルバイトでも定期的収入があれば審査可能
  • パートでも返済しやすい返済額は月々1,000円〜
  • メガバンク保証会社も務めるので審査能力抜群
  • 初めに貰えるであろう借入枠での適用金利である最高金利が低い
  • おまとめローンとしても利用可能。アドバイザーが親切に相談に乗ってくれる
  • 自社ATMが全国に多数あるのでATM手数料無料での借入・返済場所を選ばない
  • 土日祝の申込もOK!即日融資も可能(申込後審査結果を経て自動契約機にて)
実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円
パートなどで一定の収入があればプロミスを選ぶ理由

主婦でもパートなどで一定の収入があれば申込可能なので初回30日無利息サービス(要メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)のあるプロミスで申込むのがおすすめです。やはり30日も無利息なのは断然金利が低くなりますし、『今回だけ』とお考えの方なら早期返済が実現すれば利息なしもありうるのです。
しかも即日融資でもこのサービスは利用可能ですし、銀行系カードローンと違い審査が早いので即日融資の可能性も高くなります
即日融資の方法も即日振込・即日カード発行があり、口座を選ばず平日14:00までにオンライン契約が完了すれば即日振込可能です。また自動契約機も全国に多数あるので即日振込みが間に合わなくてもオンライン契約が完了していれば最寄の自動契約機で即日カード発行が可能になり即日融資を受けることができます。
また一般カードローンと同条件で申込めるレディースキャッシングは専属女性オペレーターが対応してくれるのでじぶんの希望に沿った手続きをやさしく教えてくれますよ。

アコム
三菱UFJフィナンシャルグループ

主婦でもパートなどで一定の収入があれば申込可能なので知名度からアコムを選ぶ方もたくさんいます。メガバンクの保証会社も務めているので審査能力もあり即日融資にも対応しています。(※時間により当日不可の場合あり)
即日融資は平日14:00までにオンライン契約が完了すれば即日振込可能です。また自動契約機のむじんくんも全国に多数あるので即日振込みが間に合わなくてもオンライン契約が完了していれば最寄のむじんくんで即日カード発行が可能になり即日融資を受けることができます。
はじめての方なら最大30日間金利0円なので初めての方にはおすすめです。

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円
モビット

モビットも主婦でもパートなどで一定の収入があれば申込可能なので知名度も高く申込件数も多くなっています。主婦にも人気の理由は電話連絡なし、郵送物なしのモビットの『WEB完結』サービスも一因になっています。電話連絡なし、郵送物なしというサービスはプロミスでも対応可能なのでこれだけの理由であればプロミスに申込むのがおすすめです。
即日融資は平日14:50までに振込手続きが完了すれば即日振込可能です。またローン申込機にて即日振込みが間に合わなくてもオンライン契約が完了していれば最寄のローン申込機で即日カード発行が可能になり即日融資を受けることができます。(※時間により当日不可の場合あり)

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

収入のない専業主婦でも申込可能にした小額借入枠の秘密

基本キャッシングは安定収入を担保としてお金を貸す訳ですから安定収入のないフリーターや専業主婦や無職の方は返済能力がないので申し込みはできません。しかしこの中でも専業主婦だけは配偶者の収入があるのでそちらを審査することで貸し出せる可能性が出てきます。これは総量規制の対象業者と対象外業者で変わってきます。

総量規制の対象業者(消費者金融・信販会社など)

総量規制では年収の1/3までしか貸し出せない法律になっていますので収入がなければこの公式に当てはめると貸し出せる金額はもちろん0になります。しかし総量規制では配偶者に収入がある場合に限り、

 

 

ここまでは配偶者貸付という法律上貸し出せることになっています。しかし大手の全てと殆どの総量規制対象業者は収入のない専業主婦の申込を不可能としていますので実際は総量規制対象業者では専業主婦の申込を不可能になっています。

配偶者貸付で申込めるカードローン
ベルーナノーティス
ベルーナグループ

ベルーナノーティス

実質年率 8.0%〜18.0%
借入限度額 1万円〜100万円
総量規制対象外の業者(銀行など)

総量規制対象外の銀行のカードローンでも収入のない専業主婦の申込は不可能な所はたくさんあります。申込可能な所でも前述のように収入のある配偶者が審査されると言う形になります。

 

 

もちろんこれでは配偶者(旦那)にバレバレですし、会社に電話が掛かったりして迷惑が掛かってしまいます。ですので事前に配偶者に相談をしてということになりますが、承認を得れるのであれば最初から旦那に発行してもらってそれを借りたほうが早いですよね。

そいったニーズで主婦などを対象にした小額借入枠商品が生まれた

買い物しすぎてしまったり、こどもの養育費が予定よりも掛かってしまったり、冠婚葬祭が重なったりして

  • 『今月ちょっと予算オーバーしてしまった』
  • 『支払の引き落とし日が明日なので今すぐ借りたい』

といったちょっとの金額を今すぐ借りたいというニーズが主婦・専業主婦で圧倒的に多いようです。しかし

  • 今月だけだから旦那に心配させたくない
  • ちょっと使いすぎてしまったので旦那にバレたくない
  • 旦那に内緒での利用なので秘密に・・・

という方の為に銀行の貸し倒れリスクである『借入枠』を最小限にすることによって申込情報と内部の審査のみで完了する専業主婦専用カードローンといってもいいローンができたのです。

 

専業主婦のキャッシングしなくても金欠をしのげる知恵袋

金欠になってしまうと、生活を行うことが難しくなりますし、遊びに行くお金もなくなってしまいます。普段の生活から、出来るだけ金欠にならないようにする必要があります。主婦の立場になると、家庭の財布を持つ機会が多くなりますので、

 

 

出来るだけ金欠にならないようにする必要


があります。金欠になってしまうと、借り入れに頼ってしまう流れになりますが、出来るだけ借り入れは利用しないようにしたいものです。何故かと言いますと、

 

 

借り入れに頼ると当然金利の分を上乗せして返済する


ことになりますので、後々生活が厳しくなってしまうからです。主婦の立場としては、借り入れを頼らずに金欠を奪取することが大切です。金欠を脱出するためには、

 

 

  • 何故金欠になってしまうか?
  • 金欠にならないようにするためには何が必要か?

を考えることが重要です。具体的に言うと、金欠にならないようにするためには、支出を抑えるか収入を増やすかの二つの選択肢があります。支出を抑えるためには、家計簿を見直す必要があります。

 

生活をする上で必ず必要な費用を、出来るだけ抑えるようにすることで金欠を脱出することが出来ます。家賃を削ることは難しいので、まずは光熱費です。光熱費は、普段から電力を使わないように心掛けるだけで抑えることが出来るので、まず一番最初に節約することが出来る支出です。

 

同じ理由で水道代も抑えることが出来ます。車を所有すると、様々な支出が増えます。車に掛かる税金、駐車場代、ガソリン代、保険の料金等色々あります。都会で公共交通機関が発達しているときは、思い切って車を手放すのも一つの手です。収入を増やすためには、当然ですが仕事をすることが重要です。

 

主婦の立場からすると、専業主婦だと仕事をする必要がないですが、収入が増えることはありません。アルバイトに行くことで、月々数万円は収入がプラスされますので、金欠から奪取することが出来ます。支出を削って収入を増やす努力が重要です。

本来は専業主婦でも消費者金融でキャッシングできる配偶者貸付とは?

配偶者貸付とは配偶者の収入を元に貸付を行う方法で、この方法を用いた場合には

 

 

配偶者の借入と合算して配偶者の収入の三分の一までの貸付が可能になります。


通常収入が無い専業主婦の場合には貸金業法の総量規制により、収入が無い場合には一切の貸付が規制されることになります。

 

しかし配偶者貸付に関しては総量規制の例外に当たる貸付となるため、専業主婦でも総量規制の規制を受けることなく消費者金融でお金を借りることが可能になります。基本的に配偶者貸付が適用されるのは貸金業法下で貸金業を営んでいる業者となり、

 

 

  • 消費者金融
  • 信販系の業者

に関してこの法律が適用されることになります。


銀行に関してはもともと貸金業法ではなく銀行法での営業となるため、総量規制の規制もありませんので配偶者貸付の適用は無いということになります。

 

では配偶者貸付の適用が可能な消費者金融や信販系のカードローンに実際に専業主婦が申し込みできるのか?というと、

貸金業法上では配偶者貸付は総量規制の例外にあたる貸付ではありますが、実際には業者側の貸付条件では配偶者と申し込み本人共に収入がある場合のみ配偶者貸付OKとなっている場合が多く、専業主婦が配偶者貸付を利用して貸金業法下で営業をしている業者からお金を借りるということは現実的ではなく、実際には不可能といわざる負えないでしょう。

これは配偶者貸付の場合審査する場合の

 

 

  • 収入のある配偶者の同意書
  • 配偶者である事の証明書

を準備しなければならない事を総量規制の例外で義務付けられている為


手間も増えますし、お金を貸す側の業者のリスクも通常よりも高くなるため、業者側が配偶者貸付を敬遠しているということも理由として挙げられます。そのため専業主婦の場合は配偶者貸付を利用するよりも、銀行のカードローンを利用するほうがよほどお金を借りやすいといえるでしょう。

 

銀行の場合は総量規制の対象外ですし、全ての銀行ではありませんが専業主婦でも利用可能なところがありますので、それを利用すると収入の無い専業主婦でも安心してカードローンの利用が可能になるでしょう。

 

ただしその場合には借入限度額が低いなどの条件がありますのでその点は十分理解した上で利用するようにしましょう。

更新履歴